リノベーション物件のメリットとデメリット

リノベーション物件は中古マンションでも人気となっています。

青葉区の中古マンションでもこの物件はたくさんあり、やはり人気が高いようです。

リノベーション物件のメリットとデメリットを理解し、それから購入を検討するようにしましょう。

★リノベーション物件のメリット

青葉区の中古マンションでリノベーション物件がいくつか売り出されていますが、そのメリットはというと新築よりも価格が2割から4割程度安いということです。

予め中古マンションを購入したあとに自分でリノベーションするよりも、すでにリノベーション済みの物件を購入する方がお得と言われていますので、リノベーション済み物件を探すと良いでしょう。

中古というものの、中身はすべて新しくなっていますので新築同様の新しさがあるので気持ちよく住めます。

★リノベーション物件のデメリット

リノベーション物件のデメリットはあるのでしょうか。

中古マンションの場合、リノベーションした部屋の中は新品なので大丈夫ですが、共用部分などはそのままです。

特に築年数が古いものだと耐震性などの心配もありますし、配管などが傷んでいることもあります。

心配であれば専門家にチェックしてもらうと安心です。

★よく検討して購入を

リノベーション済みの部屋を見たらきれいなので即決したくなるものですが、買った後で失敗だったということがないよう、よく検討してから決めるようにしましょう。

共用部分のチェックや耐震性の問題などすべてがクリアになってから購入を検討するようにしましょう。

◎合わせて読みたい記事をPickup>>https://mainichi.jp/articles/20180410/ddl/k28/070/430000c