中古マンションを内覧する時の注意

青葉区で中古マンションの購入を検討していて、物件の内覧に行くことになった場合、どんな点に注意して内覧すると良いのでしょう。

内覧時の注意点とチェックポイントをまとめています。

★建物のチェックポイント

現地に到着したら、まず明るさや聞こえてくる音、周辺を歩いている人、住人の様子、ニオイなどをチェックしましょう。

エントランスや廊下、エレベーターなどはきれいに掃除が行き届いているか、外壁はひび割れしていないか、建物周りの植栽は手入れされているか、駐車場、自転車置き場は乱雑になっていないかなどを確認します。

また、管理組合がきちんと機能しているかもチェックポイントです。

★部屋の中のチェックポイント

部屋の中では、入った時の第一印象(明るさやニオイ、空間の広さなど)はどうか、窓からの眺めはどうか、日当たり、通風はどうなのかを確認しましょう。

水回りにはカビなどが生えていないか、キッチンは使いやすい場所かをチェックします。

天井や壁のクロスは剥がれていないか、ゆがんでいないか、壁の厚みなどを確認しましょう。

床はゆがんでいないか、きしみは無いか、バルコニーの広さなどもしっかり見ておくようにします。

給湯器についても、いつ交換されたかを確認しておきましょう。

★その他のチェックポイント

憧れの青葉区に住みたいからと、焦って決めてしまって後悔することになってはいけません。

何度か足を運べるようなら、明るい時間帯と夜というように分けて訪れてみると良いです。

また、上下階の人の様子についても確認しておくと安心です。

中古マンションの場合、こうしたチェックができるのが良いですね。